早め早めのAGA対策

髪がある時からAGA対策

AGA対策はお早めに

AGA対策は早めにとりかかかるほうが良いです。髪は抜けても生えてきますが、その回数には限りがあります。毛母細胞の寿命そのものが尽きてしまうと、どのような対策をしても髪が生えてくることはなくなります。そうなると外用薬や内服薬といったもので対策するのは難しくなります。またAGAは進行性の脱毛症であるため、まだ髪が十分に残っているうちから対策を始めたほうが髪を維持することができます。病院に行く前に出来る対策もありますので、なるべく早めに始めるようにしましょう。

↑PAGE TOP